×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スコーンレシピ 簡単 スコーンの種類と歴史

スコーンレシピはさまざまなレシピがあるようです、スタバ スコーン、全粒粉 スコーン、コストコ スコーン、おから スコーン、ホットケーキミックス スコーン、チョコ スコーン。
どのスコーンレシピを参考にしますか?
スコーンといえば本場イギリス スコーンで、もともとスコットランドの家庭料理でした。
イギリスでは、1662年ごろキャサリン王妃によって紅茶を飲む習慣がもたらされました。
今では、目覚めのアーリーモーニングティーに始まり、朝食のモーニングティー、イレブンジスティー、ランチティー、アフタヌーンティー、ハイティー、一日の締めくくりのナイトティーまでとても良く紅茶が飲まれています。
1840年ごろイギリスの上流社会では、朝食をたっぷりとり昼食は軽めで、晩餐が遅いのが普通でした。
空腹を満たすために、昼食と晩餐の間に紅茶と一緒にパンやお菓子が食べられ、次第に友人を招き歓談する社交の場としてアフタヌーンティーが広まりました。
それがアフタヌーンティーにスコーンを添える習慣となり、今ではティータイムには必ずといって良いほどスコーンが添えられています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

スコーンレシピ 簡単 スコーンの基本

スコーンレシピの基本はイギリス スコーンで一般的にはプレーン スコーンと呼ばれています。
基本的に砂糖を使わない甘くないスコーン レシピです。
焼きたてのスコーンを真ん中で二つに割ってさくさくふわふわの食感に季節のジャムやクローテッドクリームをたっぷりのせて食べます。
日本で人気のスターバックス スコーンは、ドライフルーツやチョコチップなど混ぜて焼いてあり、そのまま食べますが北米風スコーンになります。
北米スコーンレシピでは、生地に砂糖をたっぷり混ぜ甘くし、ドライフルーツなどをたっぷり混ぜて焼きそのまま食べるのが普通です。
さらに朝食用にチーズやタマネギ、ベーコンなどを混ぜた塩味のスコーンレシピもあります。
そのほか、全粒粉 スコーンレシピ、天然酵母 スコーンレシピなどスコーンの作り方にもさまざまな工夫をしたスコーンレシピが存在しています。
一概にスコーンレシピといってもさまざまなレシピがあり、簡単 レシピでも自分が思い描いたものとかけ離れてしまう事もあります。
数多いスコーンレシピの中から自分好みのスコーンレシピを探してみましょう。

スコーンレシピ 自宅で作る簡単 スコーンのポイント

スコーンレシピの基本は薄力粉にベーキングパウダー、塩を加え振るた物に、バター、牛乳、卵を加え成形して焼き上げるプレーン スコーンです。
薄力粉のほかに強力粉を混ぜたり全粒粉やホットケーキミックスを混ぜたりするスコーン レシピが数多く紹介されています。
料理研究家 栗原はるみさんのスコーンレシピも有名ですが、スコーンできばえに大きく影響するのは作り方のようです。
ポイントは、バターを混ぜたり、焼く前にバターが溶けないようにする事とそれぞれのスコーンレシピに応じたオーブンの温度と時間です。
バターをあわせていく時に手の温度でバターが溶けないように材料を良く冷やしておく事がポイント1です。
バターを混ぜたものが粉チーズ状になるのが理想です。
粉チーズ状のもの物に牛乳や卵を混ぜる時、捏ね過ぎない事ががポイント2です。
その生地を、また冷蔵庫で30分ほど寝かしてから成型する事がポイント3です。
オーブンはそれぞれのスコーンレシピに沿った温度で予熱しておく事がポイント4です。
おいしい 簡単 スコーンレシピを探して挑戦してください。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 スコーンレシピで簡単 スコーンに挑戦!